非常災害用飲料水


3.11に発生した東日本大震災以降

災害グッズがよく売られてます

いのちの水

もともとは備蓄の目的ではなかったのですが

「いのちの水」を備蓄しています

水の硬度によって紅茶の風味がどのように変化するかを調べるため

純水(滋賀比良山)、超軟水、軟水(京都山崎)など

様々な水を取り寄せたことがあって

純水はたまたま長期間保存がきくものだったのです

純水を飲んだことのある方なら分かると思いますが

純水そのものは味が全くなく、味気もありません

でも、お茶を入れると面白いです

紅茶の出がいいです

紅茶を水出しで入れると透き通るほどの透明感

味わいは豊かにして、のど越しすっきり

お茶が本来持つ味わいを全て抽出するかのようです

非常災害用飲料水とはいえ保存可能期間はあります

ペットボトルで5年、アルミボトルで10年

しかし、一番良いのは飲まれることなく

保存期限を迎えることです

保存期限が近づいたら

災害用飲料水で紅茶を入れて

その期間無事だったことに感謝する

災害に備えて多少は非常災害用飲料水を備蓄されてはいかがでしょう

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:震災関連

1