紅茶の本場とは?


とある紅茶専門家の書かれた本の帯に

『本場イギリスで紅茶を学び〜』

と書かれていました

紅茶の本場はいつからイギリスになったのでしょう?

あまり知られていませんが紅茶の起源は中国です

祁門がその最古の産地とされています

茶の起源である中国では茶を発酵順に

緑茶→白茶→黄茶→青茶→紅茶→黒茶の6つに分類します

入れたお茶の水色(スイショク)で名前が付けられています

紅茶は中国では「フォンチャ」と呼び

紅は日本で言う赤色のことを指します

この紅茶がシルクロードを経てヨーロッパに伝わり

ヨーロッパではその茶葉の色から「Black Tea」と呼ぶようになりました

あえて紅茶の本場を語るなら中国です

そして原産国で言うならインド紅茶の本場はインド

セイロン紅茶の本場はスリランカ、アフリカ紅茶の本場はアフリカ

しかし、現在においては本場というものは意味を持たないでしょう

飲まれる国それぞれで水も違えば、風土も違います

それぞれにあった飲み方、楽しみがあっていいのです

私たち日本人は中国から伝わった緑茶を

茶道という形で芸術の域まで昇華させました

紅茶もまた日本人の創意工夫で

日本人にあった形で楽しめばよいのです

どこが本場など気にせず紅茶を楽しみましょう
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL