ほうじ紅茶(焙じ紅茶)


ほうじ茶は一般的に

煎茶の葉揃いの悪い部分を集めて

焙じ(焙煎)したお茶のことですが

今日は、紅茶を焙じてほうじ紅茶をいただきました


今回使用した紅茶はダージリンブレンド

サンプル用に保管していたものが古くなってきたので

試しに焙じてみました


炭火で「ほうろく」を使って焙じるのがベストですが

コンロで小さなフライパンで焙じても良いでしょう

但し、火は弱火にしてフライパンに直火が当たらないようにしましょう

焙じる間はフライパンを左右に動かして

焦げないようにするのがポイントです


↓ 焙じる前の紅茶
火入れ前の紅茶

↓ 焙じた後の紅茶
火入れ後の紅茶

焙じると少し色が深くなります

普通のほうじ茶の場合、

煎茶はもとの緑色が

焙じるときつね色になるので

どのくらい焙じればいいか色でも判断できます

紅茶はもともと発酵段階で茶色ですので

色での判断は難しいです

茶葉から湯気が立ったら火からあげると良いでしょう


焙じると当然、香りは香ばしくなります

しかし、飲んでみるとダージリンの持つ渋みは感じられますが

さらに甘みが加わったように柔らかな口当たりになります

夏にアイスティーにするのもいいかもしれません

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL